alt+sync

オルトプラス の スタッフブログ

なぜ勉強会に参加するの?-アプリ開発者・マーケター150人が集まる「LEVEL Apps」に、執行役員北村が登壇!

   

モバイルアプリの成長をミッションとする人・企業が、グロースハックのノウハウをシェアし合いみんなで ”レベルアップ” を目指すイベント「LEVEL Apps」に、ゲーム事業本部 執行役員の北村が登壇しました。本日はこちらの様子をレポート!

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

みなさんこんにちは!コーポレートブランディング部、広報担当のさいまりです!

今回のイベントテーマは「先行企業に学ぶ、ゲームアプリのグロース手法」ということで、弊社北村の他、株式会社モバイルファクトリー シニアディレクター 中山 政樹氏、株式会社スクウェア・エニックス テクニカルディレクター 鈴木 寿尚氏など有名企業の方々が登壇しました。

会場のヤフー株式会社 セミナールームへは、多くのゲーム開発者、アプリマーケターが訪れておりました。(定員50名のところ、150名の参加があったそうです!)

DSC02324▲開始前から多くの参加者が!

 

トップバッターは北村!

DSC02337▲北村はゲーム事業本部長とscopesの代表を兼任

 

「スマホアプリの多プラットフォーム展開・移植について」その実例と、多く寄せられる質問にひとつずつ回答する形式で語られました。

 

その後、「PUSH通知」や「アプリ内マーケティング」「バグとの戦い」など、アプリ開発者にとって避けられない課題とその解決策についてのセッションが続きます。

 

こうしたクローズドイベントの特徴として、「会場限定の情報」が盛り沢山であることが挙げられます。他社の成功事例や失敗談、それを受けての改善施策とその結果などなど……!

 

通常であれば社外秘にしておきたい(!)経験も、同業種で共有し合うことで、社内にはなかった視点と気づきが得られるのです。
DSC02326
アプリ開発は少人数で行っているケースも多く、開発者は1:1で課題と向き合いがちです。勉強会の利点として「アウトプットの機会が得られること」に注目されることが多いですが、純粋に情報収集ができる貴重な機会でもあります。

DSC02349
こうして各自が気づきを持ち帰り突破口を見つけることで、業界全体の相互成長を図っていきたいですね。

 

オルトプラスでは勉強会の会場提供も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

 

■お問い合わせ先→pr@altplus.co.jp

 

■オルトプラス採用ページ→http://recruit.altplus.co.jp/


 - イベント