alt+sync

オルトプラス の スタッフブログ

株式会社サーバーワークスに行ってきた!

      2016/03/11

はじめまして、インフラ担当の中田です。

今回は初のオフィス訪問ということで、インフラチームでお邪魔してきました。AWS専業のクラウドインテグレーターの株式会社サーバーワークスさんです。
2015年の4月に移転され、現在は飯田橋にオフィスを構えていらっしゃいます。

「クラウドインテグレーターらしい」仕事の環境をつくるために、いろいろ工夫を凝らしたオフィス構築に取り組まれたということで、オルトプラス社内環境改善のため見学に行ってきました。

オフィスツアーの紹介ページでは 5つの「無い無い尽くし」と「◯◯だらけ!」と書かれていたのでしっかり見てきたいと思います。

  5つの「無い無い尽くし」と「◯◯だらけ!」

    1. オフィスにサーバーがありません!
    2. オフィスに会社支給のPCがありません!
    3. オフィスに固定席がありません!
    4. 有線LANがありません!
    5. 社内がセンサーだらけです!

受付にはトロフィーがキラリと静かに光っております。


会議室でしばし待ちます。キャラクターの高木さんがここにも。


オフィス内を見せていただいてからいろいろお話を伺うということで、早速いってみます!

入ってすぐの場所は「コミュニケーションエリア」。
大勢で集まって勉強会をしたりするそうです。「お仕事中おじゃましまーす。」


「コミュニケーションエリア」の左手には「リフレッシュルーム」。
ガラスで仕切られていて、食事や仮眠を取るためのスペースとのこと。
左奥に見えるダーツは、ダーツライブ社からいただいたものだそうです。本格的ですね!


「コミュニケーションエリア」から右手に進むと隣は「コラボレーションエリア」。
仕事や電話したりするスペースとのこと。デスクの反対側には畳の小上がりもありますね!


窓側には電話用のブースやカウンター席も見えます。
デスクが曲線に沿って並んでいるのもいい感じです。


「コラボレーションエリア」を抜けて、こちらは「コンセントレーションエリア」。
パーティションがあります。ここは会話禁止で集中して仕事したい人が使う場所で、社内でイヤホンをして音楽を聴いてよいエリアだそうです。


お、畳部屋!「江戸紫」という名前の会議室ですか。


会議室は「漆黒」や「桔梗」など色をイメージする名前で統一されているそうです。


こちらは「セキュリティルーム」。
独立した部屋になっていて、入退室管理・監視カメラ・隔離されたネットワーク環境・操作ログが全て取られるオペレーションルームとなっているそうです。


フリーアドレスのため、ロッカーが完備されています。


本棚には技術書がたくさん並んでいます。


借りたい時はホワイトボードに書いて持ち出せるそうです。
気軽に借りられるいい仕組みですね!


本棚の中段には数々の盾やトロフィーが!


本棚の横にはダッシュボードが!
各エリアに設置されたセンサーで取得している情報を表示しているそうです。


オフィス見学を通じて、エリアを分けて職場環境への要求に応えられる場を工夫して作られていると感じました。

個人的にはコンセントレーションエリアという「アウトプットのために集中する」環境があるのはいいなと思いました。

またフリーアドレスにしたメリットとして、チャットツールでコミュニケーションを取ることが前提となり、全てのメンバーが離れたオフィスのメンバーやリモートワークのメンバーと変わらない状況で情報共有できるようになったそうです。
まさに今の時代とツールに合った形で上手く運用されている様子でした。

今回、クラウドインテグレーション部技術1課課長の千葉さんとサービス開発部情報システム課の宮澤さんにお話を伺いました。
お忙しい中ありがとうございました!


 - 開発者ブログ